2009年02月27日

調理器具

今や男の人も料理ができて当たり前の時代になりました。

女性から見ても料理ができる男の人は魅力的ですし、男の料理も生活していくための手段として必要であると考えます。


男の料理、のようなレシピ本もたくさん出版されています。

料理の基本を学べるものから、趣味的な料理のレシピ本まで様々です。


「一人暮らしを始めるため料理が必要」
「奥さんにたまにはおいしい料理を作ってあげたい」
「趣味のアウトドアで料理の腕を上げたい」

など目的はいろいろありますが、
やはり料理をするためには、必要な知識があります。

今回は、調理道具から揃える、といった方のため、
または自分に使いやすい道具を揃えたいという方のために、
調理道具を選ぶコツをお話します。


●包丁
 1本目は万能タイプで、18cm〜20cmの鎌形包丁を。
 刃の手入れをしていつも切れ味を保てば、肉だけでなく野菜を刻んだり、魚をおろしたりすることもできます。
 2本目には小さい細身型を用意すると、じゃが芋の面取りや飾り切りに便利です。

●フライパン
 直径26cmのものが最も使い勝手がよく、2人分以上のおかずを作るときに便利です。
 一人分や少量のおかずを作るときは直径18cmのミニフライパンがよいでしょう。
 焦げ付きにくいフッ素樹脂加工(テフロン加工)のものは大変重宝します。

●鍋
 シチューや煮物、野菜を茹でたりするときなどには内容量が3リットルほどある深鍋が必要です。
 両手鍋のほうが重くなっても持ちやすいです。
 またアルミ製のゆきひら鍋は、軽くて片手でさっと使え、なおかつ火の回りの早いので何かと使いやすい鍋です。

●ボウル
 ボウルは耐熱ガラス製で大小2つ揃えておくと便利です。
 ボウルのサイズに合ったザルも必要です。

●木べら
 炒めたりソースを混ぜたり焼き物をひっくり返すなど使い道が多いです。
 金属製のへらはテフロン加工のフライパンを傷めるため、ぜひ木製を用意してください。

●菜箸
 長さ25cm〜32cmのものを選び、2本の箸をつなげているひもは外して使います。

その他、調理を簡単に行なうためにあると便利なものは、皮むきピーラー、キッチンばさみ、味噌漉しなどです。



<PR>
元彼が忘れられないあなたへ
骨盤ダイエット!たった1分!! クッキングトイ
posted by neko at 16:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
IT
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。